家計戦線異状なし〜節約最前線〜

格安スマホ・キャッシュレス決済など節約生活の実践記です

「日本人の2人に1人はガンになる時代」って本当?でも周りにそれだけいないのはなぜ?

「2人に1人はガンになる」は誤解だった?!

いつも気になるラジオCM

私の職場ではラジオを流しているのですが、いつも気になるCMがあります。声の感じからすると3、40代のご夫婦の会話で

夫「万が一になったらどうする?」

妻「万が一って何?」

夫「だから万が一だよ!」

妻「万が一じゃなくて二分の一でしょ!」

ナレーション「ガンは万が一ではなく二分の一の時代です‥‥」

というような内容です。

最初は「2人に1人がガンになる時代なのか‥‥。」と思っていたのですが、最近こんな記事を見つけました。

まとめると「2人に1人はガンというのは誤解。世代別に違って60歳までは10人に1人以下。80歳近くで2人に1人になる」というわけです。

中でもこの一文

国立がん研究センターがん対策情報センターのデータによれば、たとえば30歳男性なら、10年後の40歳までにガンと診断される確率は0.5%だ。この確率は20年後の50歳で2%、30年後の60歳でも7%にとどまる。あくまでも統計的にみれば、60歳までの現役世代のうちにガンになる確率は10人に1人以下に過ぎない。

 

toyokeizai.net

というのがあるんですね。ですから世代別に見ると全然違うんですね。なのにそんな詳しい説明をせずに『2人に1人はガンになる時代』なんてただ不安をあおっているだけです。

私も例のごとく不安にかられ住宅ローンにガン診断保証をつけましたが、これには後悔していません。住宅ローンを抱えながらガンになってしまったら精神的にもきついからです。ガンと診断されて住宅ローンがタダになったらありがたいですし、前向きに治療に取り組めます。

生存率もチェック。昔に比べ生存率は上昇している。

www.nikkei.com

これをみると90%以上のものもあれば30%以下のものもありますが、今後も上昇していく可能性がありますよね。さらなる医学の進歩に期待したいです。あくまで個人的な予想ですが、10年、15年後にはガン治療も進化して、いまのガン保険の内容も大分変わっていると思います。

不安にかられるのではなく

TVでガンの話題などをみると不安になってしまうこともありますよね。ただ、住宅ローンのガン診断保証しかり、ガン保険しかり相当な額になります。いずれにせよ保険屋さんを頼りにするのではなく、自分で情報収集をして自分で決めるのが後悔しない一番のポイントです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村