家計戦線異状なし〜節約最前線〜

格安スマホ・キャッシュレス決済など節約生活の実践記です

りそな銀行『団信革命』は要介護状態も保証。でも要介護状態って??

りそな銀行の住宅ローン『団信革命』は手厚い保証が魅力

  りそな銀行の住宅ローン『団新革命』は幅広い保証をしていますよね。個人的にお薦めできる商品です。他銀行であまり見られない‘要介護状態’も保証の範囲です。

でも要介護状態ってどんな状態か結構知られていないと思います。

 

要介護状態は65歳以上か未満かで変わってくる

 基本的に介護保険を利用する人は高齢者の方々です。65歳以上の人(第1号被保険者)はどんな病気や怪我が原因でも、状態によって介護認定を受けられます。

対して65歳未満の人(第2号被保険者)の場合は下記の16の特定疾患になってしまった場合のみ介護認定を受けられます。

1 がん(末期)

2 関節リウマチ

3 筋萎縮性側索硬化症

4 後縦靱帯骨化症

5 骨折を伴う骨粗鬆症

6 初老期における認知症

7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性 症およびパーキンソン病

8 脊髄小脳変性症

9 脊柱管狭窄症 

10 早老症

11 多系統萎縮症

12 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および 糖尿病性網膜症

13 脳血管疾患

14 閉塞性動脈硬化症 

15 慢性閉塞性肺疾患

16 両側の膝関節または股関節に著しい変形 を伴う変形性関節症

 

 私はいま医療系の仕事をしていて、以前はデイサービスで働いていました。その時も基本的には65歳以上の方が中心で65歳未満の方はわずかでした。比率的には9対1位でした。

 つまり要介護、要支援状態になるのは基本的には65歳以上の方々が中心なんですね。ではなぜ団信革命は要介護状態まで保証範囲なのでしょうか?65歳以上といったらほとんどの人が住宅ローンを払い終えているか、残りあと何年かというところだと思います。ですから団信革命は65歳未満で要介護状態になってしまった場合に役に立つ商品なわけです。

 働き盛りに要介護状態になってしまったら精神的にきついですよね。まだまだこれからという時に上記の16疾患に罹患してしまうのですから…。でも、それが団信のおかげで住宅ローンの支払いが無くなったとしたらどんなに精神的に楽になれるでしょうか?その後のリハビリも頑張れますよね。団信革命はそんな前向きに生きることができる商品だと思います。

私はりそな銀行が無い県に住んでいますので、りそなは選択肢に入りませんでしたが、近所にあればりそなを選んでいたと思います。

 

ちなみに介護が必要なレベルが介護度が低い方から順に要支援1、要支援2要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5と7段階あります。りそなの団新革命の条件は下記の内容です。

 f:id:kakeisensen:20190710221234p:plain

要介護2以上という基準がありますので、ここは注意が必要です。

 

以上、りそな銀行『団新革命』の要介護状態についての私見でした。みなさんの参考になれば幸いです。