家計戦線異状なし〜節約最前線〜

格安スマホ・キャッシュレス決済など節約生活の実践記です

なぜ10年固定金利ばかりすすめるのか?ハウスメーカー営業マンへの疑問

前回は、変動金利を選んだ事を書きました。

なぜ変動にしたかの理由をもう一つ。

それは、どこのハウスメーカー10年固定金利をすすめてきたからです。

我が家は最終的に注文住宅を建てることになりましたが、

最初は新築マンションの購入を考えていました。

その時に資金計画として出されたのが地元地方銀行の「10年固定金利」でした。

その後、中古マンション→建売戸建→注文戸建、となったわけですが、

どのハウスメーカーも必ず10年固定金利での資金計画提案でした。

10年固定金利のメリットがあればいいのですが、

どの営業マンに聞いても明確な答えはありませんでした。

だいたいは「金利は上がる可能性が高いです。」

「将来は分からないので、変動より固定の方が安心しますよ。」

という答え。それを聞くたび

10年固定金利だって10年だけだし、10年後に支払い額が高くなる

可能性が高いのでは?」と思っていました。

だから、不安ならばフラット35、不安のリスクがあるものの

月々の支払い額を抑えるならば変動金利、という考えに至ったのでした。

皆さんもハウスメーカーに言われたままにしていませんか?

人生で一番の買物をするわけです。妥協せず住宅ローンも考えましょう。

次回は変動金利の中で私がどの銀行を選んだかについて書きたいと思います。